お名前.comのVPSにWindowsをインストールする方法

 

はじめに

お名前.comのVPSにWindowsがインストールできるか検証してみます。
ただし、正規のWindowsOSをインストールするのはライセンス違反となります。

 

お名前.comのサポートサイトに記載されています。
https://help.onamae.com/app/answers/detail/a_id/9409

 

そこで、Microsoftから無料で提供されている評価版を使用することにします。

 

評価版の使用に関して、「ライセンス認証とご使用に関するガイド」および「注意事項」の内容を確認していますが、利用制限に関する記載はありません。

 

ただ、ライセンス条項を読むと以下の記載があります。

(v) 本ソフトウェアをサーバー・ソフトウェアとして使用することもしくは商業的ホスティング用に使用すること、本ソフトウェアをネットワークを介して複数のユーザーが同時に使用でいるようにすること、本ソフトウェアをサーバーにインストールしてユーザーがリモートアクセスできるようにすること、または本ソフトウェアをリモートユーザーのみが使用する目的でデバイスにインストールすること。

上記を読むとVPSでの使用はNGと思われますが、矛盾する記載もあります。

(iv) 仮想化された環境における使用

このライセンスでは、物理的デバイスであるか仮想デバイスであるかにかかわらず、1台のデバイスに本ソフトウェアの1つのインスタンスのみをインストールして使用することが許諾されます。お客様は、複数の仮想デバイス上で本ソフトウェアを使用する場合、インスタンスごとに別途ラインセンスを取得しなければなりません。

 

内容だけ見るとどちらにも該当しますが、使用環境や用途によって判断が入ると思われます。
今回は評価版を使用するため、最初に確認した「ライセンス認証とご使用に関するガイド」および「注意事項」の内容に従って使用します。
ここから先に進める場合は、必ず自己責任でお願いします。

 

ISOファイルの準備

今回は、Windows 10 Enterpriseをインストールしますので、2つのISOファイルをダウンロードします。
・Windows10(32ビット版:3.2GB、64ビット版:4.3GB)
・virtio(310MB)

 

Windows 10 Enterprise
  1. Microsoftのサイトにアクセスします。

    https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-10-enterprise

  2.  

  3. 「ISO - Enterprise」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

    vps-win-onamae-05.png

  4.  

  5. フォームに必要事項を記入します。

    * 名
    * 姓
    * 会社名
    * 勤務先の電子メール アドレス
    * 勤務先の電話番号
    * 国

  6.  

  7. プラットフォームは、32ビットか64ビットを任意に選択して下さい。

    言語は、「日本語」を選択します。
    「ダウンロード」ボタンをクリックします。

  8.  

  9. 任意の場所に保存します。

 

virtio
  1. Fedoraのサイトにアクセスします。

    https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/direct-downloads/archive-virtio/

  2.  

  3. 最新バージョンのディレクトリにアクセスします。

    2018年8月18日現在では、「virtio-win-0.1.160-1/ 」です。

     

    vps-win-onamae-10.png

  4.  

  5. 「virtio-win-0.1.160.iso」をクリックします。

    vps-win-onamae-15.png

  6.  

  7. 任意の場所に保存します。
  8.  

 

ISOファイルのアップロード

WindowsとvirtioのISOファイルをお名前.comのサイトにアップロードします。
操作手順は、公式サイトをご覧下さい。
http://guide.onamae-server.com/vpskvm/3_14_15_74_2/

 

OSインストール

  1. お名前.comの管理コンソールにアクセスします。
  2.  

  3. 「OS再インストール」タブをクリックします。

    OSの欄でアップロードしたWindowsのファイルを選択します。
    vps-win-onamae-20.png

  4.  

  5. Virtioは必ずONにします。

    ディスク構成は任意ですが、管理人はパーティションを1つにまとめています。
    vps-win-onamae-25.png

  6.  

  7. 「確認」ボタンをクリックします。

    確認画面が表示されるので「実行」ボタンをクリックします。

  8.  

  9. OS再インストールの準備が完了したら、VPSを起動します。

    「起動」をクリックします。
    vps-win-onamae-30.png

  10.  

  11. 「コンソール」画面を開きます。
  12.  

  13. Windowsのセットアップが開始されます。

    「次へ」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-35.png

  14.  

  15. 「今すぐインストール」ボタンをクリックします。
  16.  

  17. ライセンス条項画面で、「同意します」にチェックを入れます。

    「次へ」ボタンをクリックします。

  18.  

  19. インストールの種類は、「カスタム」をクリックします。

    vps-win-onamae-40.png

  20.  

  21. 「ドライバーの読み込み」をクリックします。

    vps-win-onamae-45.png

  22.  

  23. 「参照」ボタンをクリックします。
  24.  

  25. お名前.comのコンソール画面に戻ります。

    「取り出す」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-50.png

  26.  

  27. イメージファイルで「virtio」を選択し、「挿入」ボタンをクリックします。

    vps-win-onamae-55.png

  28.  

  29. セットアップ画面に戻ります。

    D:\virtio\viostor\w10\amd64フォルダを選択し、「OK」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-60.png

  30.  

  31. インストールするドライバを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

    vps-win-onamae-65.png

  32.  

  33. お名前.comのコンソール画面に戻ります。

    「取り出す」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-70.png

  34.  

  35. イメージファイルでアップロードしたWindowsのファイルを選択します。

    「挿入」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-75.png

  36.  

  37. セットアップ画面に戻ります。

    「ドライブ0の割り当てられていない領域」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-80.png

  38.  

  39. お住いの地域は、「日本」を選択し、「はい」ボタンをクリックします。
  40.  

  41. キーボードレイアウトは、「はい」ボタンをクリックします。

    次の画面で表示される2つ目のキーボードは、「スキップ」ボタンをクリックします。

  42.  

  43. ネットワーク接続は、「今はスキップ」をクリックします。
  44.  

  45. このPCを使うのはだれですか?については、

    任意のユーザー名を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

  46.  

  47. パスワードは任意に入力します。
  48.  

  49. セキュリティの質問は任意に入力します。
  50.  

  51. セキュリティの質問は任意に入力します。
  52.  

  53. パーソナルアシスタントは、「いいえ」ボタンをクリックします。
  54.  

  55. デバイスのプライバシー設定は任意に選択して「同意」ボタンをクリックします。

 

以上でOSのインストールは完了です。デスクトップ画面が表示されるまでお待ち下さい。

 

ドライバインストール

  1. お名前.comの管理コンソールからイメージファイルを「virtio」に変更します。

    「取り出す」ボタンをクリックします。
    「virtio」のイメージファイルを選択します。
    「挿入」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-55.png

  2.  

  3. 「スタート」をクリックし、アプリの一覧を表示します。

    「W」欄の「Windowsシステムツール」をクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。
    vps-win-onamae-85.png

  4.  

  5. 「コントロールパネル」が表示されます。

    「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。
    vps-win-onamae-90.png

  6.  

  7. 「ハードウェアとサウンド」が表示されます。

    「デバイスとプリンター」欄から「デバイスマネージャー」をクリックします。
    vps-win-onamae-95.png

  8.  

  9. イーサネットコントローラーを右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。

    vps-win-onamae-100.png

  10.  

  11. 「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。

    vps-win-onamae-105.png

  12.  

  13. ドライバのパスは、「D:\NetKVM\w10\amd64」を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

    確認画面が表示されたら、「インストール」ボタンをクリックします。
    これでネットワークアダプターのインストールは完了です。
    vps-win-onamae-110.png

  14.  

  15. 続けて、PCIデバイスを右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。

    vps-win-onamae-115.png

  16.  

  17. 「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。

    vps-win-onamae-105.png

  18.  

  19. ドライバのパスは、「D:\Balloon\w10\amd64」を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

    確認画面が表示されたら、「インストール」ボタンをクリックします。
    これでシステムデバイスのインストールは完了です。
    vps-win-onamae-120.png

  20.  

ネットワークの設定

お名前.comでは、DHCPサーバーからIPアドレスが配布されるのでネットワーク設定を実施する必要はありません。コマンドでネットワークの設定を確認すると以下の通りでした。
vps-win-onamae-125.png

 

リモートデスクトップの有効化

  1. 「スタート」をクリックし、アプリの一覧を表示します。

    「W」欄の「Windowsシステムツール」をクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。
    vps-win-onamae-85.png

  2.  

  3. 「コントロールパネル」が表示されます。

    「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「システムとセキュリティ」をクリックします。
    vps-win-onamae-130.png

  4.  

  5. システム欄の「リモート アクセスの許可」をクリックします。

    vps-win-onamae-135.png

  6.  

  7. リモートタブをクリックします。

    「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
    vps-win-onamae-140.png

 

これでリモートデスクトップの有効化は完了です。

 

パフォーマンス

システム情報

vps-win-onamae-145.png

 

CrystalDiskMark

vps-win-onamae-150.png

トップへ戻る